小児の矯正 症例1(8歳男児)
反対咬合(受け口)で、1期治療を行う事で2期治療が必要なくなり、上下顎の関係を改善することができました。
動画再生の前にお手数ですがQuicktimeのインストールをお願い致します。
ダウンロードはこちら(windows)
口腔内正面
口腔内側面
顔面側貌(口唇部)